バッテリーのメンテナンス

PAK85_kirikotosupana20141028182225_TP_V

使い方次第で弱らせる原因に

頻繁にバッテリーが上がってしまうという方は単純にバッテリーが弱っているのだと考えるのではなく、ご自身の使い方が悪くないだろうかと見直してみることが大切です。
旧式のバイクは顕著にバッテリーが弱りやすいという印象を受けますが、バッテリーの充電系統に問題が生じている可能性が高いと考えられます。
バッテリーに不安を感じる場合は特にメンテナンスをしっかり実施することが大切です。
バッテリーのメンテナンスを実施するうえでチェックしたいポイントをいくつかご紹介します。

バッテリーのチェックポイント

まず確認していただきたいのがバッテリー液の比重についてです。
エンジンを始動させた場合、いつもより明らかに音が弱っている印象を受けるという場合にはバッテリーが弱っている可能性が高いです。
比重計で測定してみた結果、やはりバッテリー弱りが確認できたという場合には補充電を行ってバッテリーの状態を整えるようにしてください。
なお、比重計は工具などを扱っているお店では千円以下で市販されているので、セルフメンテナンスを行うためにも用意しておくことをおすすめします。

比重計で測定してみた結果、問題のない数値だった場合に確認していただきたいのが電圧です。
電圧を測定した結果、12V以上の数値が出たなら問題ないだろうと考える方も多いですが、正常の場合は12.5V以上の数値が出るのが一般的です。
最適な電圧を維持するためにも定期的にチェックを行うことができるように、電圧計も準備しておくと良いでしょう。

次に、問題なく充電系統が動作するかを確認するためにエンジンをかけた状態で電圧を測定してみます。
エンジンの回転数を上げた時に14~15Vくらいの数値を計測できた場合は大丈夫だと判断しても良いでしょう。
この数値が低かった場合には充電系統に何らかの異常が見られる可能性があるため、念入りにチェックを行うことが必要になります。

バイクからバッテリーを外す場合

バイクからバッテリーを取り外してから充電させたいという場合に注意したいのが、マイナス側から取り外すようにしてください。
感電を防ぐための措置なので、必ず守るようにしてください。
充電をする際にはホームセンターなどで市販されているバッテリー充電器を購入しておくといざという時に重宝します。

バッテリー充電器の赤をバッテリーのプラスへ、黒をマイナスへ繋いで充電を行ないます。
電圧を測定しながら丁度良いレベルにまで充電を完了し、バイクに取り付けする場合にはプラス側からにしてください。
取り外す時と、取り付ける時は逆になるので両方の順番が反対にならないようにきちんと覚えておきましょう。
なお、プラスとマイナスを間違えないよう念入りに確認しながら取り付けてください。

You may also like