ブレーキシューのメンテナンス

摩耗しやすい消耗部品

現在主流のバイクはディスクブレーキになっていますが、旧式のバイクは前後またはリアだけにドラムブレーキが採用されている車種が存在しています。
ドラムブレーキはドラムの内から外に圧をかけてスピードを落とすという仕組みになっているため、ブレーキをかける頻度が多いほど摩耗しやすく、定期的な交換が必要になります。
ドラムブレーキの交換部品はブレーキシューと呼ばれるもので、しっかり確認しながら交換時期を見計らうことが大切です。

ブレーキシューの交換時期

ドラムブレーキの場合はブレーキシューが摩耗するほどブレーキがかかりにくくなるため、しっかり確認しておかなければ危険な状態になります。
大体の交換時期を判断する方法として調整幅を目視することである程度の目安を判断できます。
ブレーキレバーを握ってみてドラムのレバーが動いている部分を確認すると印が入っている部分があるので、目盛りの範囲内に収まっているか確認してください。
目盛り内にあればまだ大丈夫と判断できますが、あくまでも目安に過ぎないのであまり信用しすぎないでください。
目盛りを超えてしまっているという場合には明らかに交換しなければいけませんので、速やかに交換するようにしてください。

ブレーキシューの減り方は走行の仕方によっても異なるため、一概に何万キロで交換という目安が存在しません。
目視で目盛りをチェックしながら、自分の感覚としてブレーキのかかり具合が変化していないかを確認することが大切です。

ブレーキシューのメンテナンスについて

ブレーキシューを交換する際には特に必要な専用工具はありませんが、ホイールを取り外すために必要なサイズのめがねレンチを準備しておきましょう。
アクスルシャフトを抜く際にはブレーキロッドにあるナットを外してからチェーンナットをゆるめましょう。
この時、尋常ではないほど硬いと感じるのでプラスチックハンマーがあれば叩いて外すようにしてください。

ホイールについているブレーキシューとブレーキパネルを外してからブレーキクリーナーをかけて柔らかいウエスで拭きとってください。
ホイールベアリングのグリス切れやサビ具合などを確認し、必要であればグリスアップや交換を行ないましょう。

ブレーキパネルから古いブレーキシューを取ってから新しいブレーキシューを取り付け、ドラムにセットしてみてからしっかり稼働するかを確認してください。
もしもシューとドラムに引っかかる部分がある場合はもう一度取り付けし直してください。
後は元通りに取り付けをしますが、必要な部分はしっかりグリスを塗布するようにしましょう。

ブレーキシューの交換時期は人それぞれですが、きちんと記録簿に残しておくと次回の目安の時期を把握できるようになります。
定期的にチェックをして安全運転ができるようにしましょう。

You may also like