キャブレーターのメンテナンス

035b06f42ccbaecd591c27b626069cca_s

丁寧な掃除が基本

バイクの調子が悪いなと感じるとキャブレーターを真っ先に疑う方も多いです。
キャブレーターは汚れが溜まりやすい部分ですが、お掃除をするのも面倒に感じられるためどうしてもメンテナンスが行き届いていない事例が多いです。
もちろん、修理店に持ち込んで掃除を依頼していただいて構いませんが、キャブレーターのメンテナンス術を覚えておくと普段から自分でお手入れできるようになるので何かと便利です。
ここではキャブレーターをお掃除する際のコツをいくつかご紹介します。

初心者向けの洗浄方法

キャブレーターの掃除をする方法は大きく分けて2つあります。
全てのパーツを外してしまって洗浄液にしばらく漬けておくと、とてもキレイになって確実に汚れを落とせます。

ただ、この方法はあまり初心者向きとは言えません。
パーツをバラバラにする工程が必要になるという手間がかかるだけでなく、バラバラにしたパーツを元通りにするのがとても大変なのです。
あまりにも時間がかかってしまうこと、間違えて取り付けする可能性があり故障の原因にもなることなどのデメリットを考慮すると、プロにお任せした方が良いです。

初心者でも簡単にお掃除する方法としておすすめなのが、簡単に取り外しできて復元もできるパーツをしっかり洗浄することです。
この場合、バイクにどんな不具合が生じているのかを確認することで特に洗浄するべき部分が変わってきます。
特に操作性が問題ない状態でもアイドリングが悪いという不具合が生じている場合にはスロー系をメインに洗浄する必要があります。
ここではスロー系のパイロットスクリューに汚れが生じていることを仮定し、洗浄方法をご紹介します。

細かいパーツも丁寧に洗う

まずはスクリューを取り外したうえで内部にスプレーで洗浄をします。
更にフロートチャンバーを外しますが、この時に嫌な臭いがした場合には内部でガソリンが腐っている状態なので、しっかりと内部を洗浄するようにしてください。
フロートピンを抜くとフロートバルブを外すことができるので、しっかり内部を洗浄しましょう。
フロートバルブをよくチェックして摩耗が生じて段差がないか確かめてください。
段差が大きいということはオーバーフローが生じる原因につながっています。

メインジェットを外して汚れを落としてから、スロージェットを取ってから汚れをキレイに落とします。
これらのパーツを外してみると異臭がする場合もありますが、嫌な臭いがするほど内部でガソリンが腐っていたということです。
スロージェットの内部を針金でつついてみると、詰まって通らなくなっている場合があります。
キャブレーター用のクリーナーのに一定時間漬け込むことで通りがよくなりますのでお試しください。

You may also like