エンジンオイルのメンテナンス

4edb4686db7f80f67fa1bbf916610e97_s

定期的に行ないたいメンテナンス

エンジンオイルのメンテナンスは定期的に実施しなければならないため、気をつけている方も多いはずです。
修理店に持ち込まれる方もいますが、エンジンオイルに関してはコツを掴めば自分でも行うことができるメンテナンスなので、ぜひ覚えておくと良いでしょう。
ここではエンジンオイルのメンテナンスを行う際に注意したいことをいくつかご紹介します。

参考:http://www.bikebros.co.jp/vb/mainte/mparts/mp-01-02/

エンジンオイルを交換する理由

そもそも、なぜエンジンにはエンジンオイルが必要で、定期的に交換しなければいけないのかという理由を把握しておかなければいけません。
エンジンオイルは、バイクの中で心臓部と言っても良いほど大事な部分であるエンジンが正常に動作するように守る役割があります。
主に潤滑と冷却の役割がありますが、これらの大事な役割はオイルが古くなるほど十分に発揮できないため定期的に交換しなければいけないのです。

新車で購入したバイクの場合は1000キロを走行した時点か、納車後1ヶ月という期間が最初のエンジンオイルを交換する目安だと言われています。
その他の場合については、前回エンジンオイルを交換した時から3000キロ走行した時点か、1年ごとという期間を目安にすると良いと言われています。
この時期よりも早く交換が必要になる場合もあるため、できるだけ自分でエンジンオイルの状態を確認し、劣化が激しいと判断できる場合には早めに交換をしても良いです。

エンジンオイルを取り替えてみましょう

では、実際にエンジンオイルの交換を行う際の注意点をご紹介します。
まずは事前に古いオイルを入れる処理容器を用意してください。
自治体によって異なる場合もありますが、基本的には燃えるゴミとして廃棄できるため、きちんと処理容器を準備しておくことをおすすめします。

ドレンボルトを緩めようとしてもかなり硬くなっているので、レンチで大きな力を込めて衝撃を与えてみると、後は簡単に回せるようになっています。
逆方向に回すことがないように注意してください。
オイルフィルターはエレメントと一緒に外れる仕組みになっていて、溜まっていたオイルが飛び出てくる場合があるので飛び散らないように注意して取り出しましょう。
取り外したオイルストレーナーやボルトなどは全てパーツクリーナーを使ってキレイに洗います。
エレメントを交換するタイミングは、2回目にオイルの取り換えをする時でも良いです。

全てのパーツを元通りに組み込んで準備ができたら新しいエンジンオイルを入れてください。
丁度良い規定量まで入れるは難しいかもしれませんが、まずはこのくらいで良いかなという位まで入れてからエンジンを動かしてみましょう。
エンジンが始動するとオイルのゲージが丁度良い量になっているかを点検窓より確認できるようになります。

You may also like