スクーターは故障に気づきづらい

bb6031545669fd2356e29c23f0594827_m

気付いた時にはかなり悪化している事も

ちょい乗りに便利なスクーターは、幅広い年齢層の方が愛用しています。
男女を問わずに活用されていますが、どうしてもメンテナンスが行き届いていないケースが多く、異変に気付いた時にはかなり症状が悪化している場合が多いのです。
スクーターは故障に気づきづらいもので、修理を依頼された段階で廃車寸前になっていることも少なくありません。
今回はスクーターの修理を依頼された時のお話をご紹介します。

過酷な環境で酷使され続けたスクーター

今回修理を依頼されたスクーターのオーナーさんは50代の男性で、毎日通勤のためスクーターを使っていたそうです。
最近はめっきり加速しなくなってきたと感じていたものの、特におかしな音を発しているわけでもないし、まだ走行できているから問題無いだろうと見て見ぬふりをして使い続けていたそうです。
雨の日も風の日も屋外に放置したまま保管して、長年まともにメンテナンスを施すことなく乗り続けてきたというスクーターを分解してみると、見事なほどに痛みが生じていました。
スクーターは走行距離が長くなるほど駆動系の故障が目立ち始めます。
今回のようになかなかスピードが出なくなってきたなどの症状を感じるようになったら、駆動系の故障を疑って早めに点検修理を行うことが大切です。

今回のケースではウエイトローラーが既に割れていたこと、プレートが正常な役割をはたしていなかったことが原因になっていたようです。
該当箇所を修理したところ、以前のような走行性能を取り戻すことができました。
もし、この段階で修理をしていなかったらもっと悪い症状が出て廃車になる所だったかもしれません。
スクーターの場合は、通常のバイクと比べてカバーで覆われる外観になっているため、どうしても異常を察知しにくいのです。

意外と多い排気系のトラブル

スクーターのスピードがあまり出ない状態になったので駆動系のトラブルだと思って確認してみたところ、特に異常がなかったからもう諦めるしかないのだろうかというお客様からご相談がありました。
確かに駆動系の部品を確認してみたところ異常はありません。
念のために排気系の部品を確認したところ、やはり異常を発見しました。
今回はマフラーに詰まりが生じていたことが原因でスピードが出ないという症状が見られていたようです。

スクーターのトラブルではマフラー詰まりが原因になることも多いです。
普段から整備を行っている人なら異常に気付くかもしれませんが、マフラーから排気ガスがどのような出方をしているのかによって異変を察知できます。
マフラー部分に手を当ててみて明らかに排気の様子がいつもとおかしいとか、音がおかしいと気付いた場合にはマフラーが詰まっているのだと考えてください。

You may also like