修理不可能バイクも廃車ではなく買取に出す事をおすすめします

PEZ86_torihazusaretabuhin_TP_V

諦めないことが大切です

大事に乗ってきたバイクも、いつかは別れを迎える時がやって来るものです。
どんなに注意をして運転していても事故に遭う可能性はゼロではありませんし、突然動かなくなってしまうこともあります。
愛着のあるバイクだからこそ、本当なら修理をしてでも乗り続けたいところですが、どうにもならないくらい修理不可能な状態になってしまうこともあるのです。
修理を行っている立場の人間としては、自分の力不足を感じる時で申し訳なく感じてしまうのですが、致し方ないこともあるのだとお客様に納得していただくしかありません。

このような状況になった場合、もう乗れなくなったバイクをどうやって処分しようかと迷うものです。
仕方なく廃車にするしかないと考えるお客様も多いですが、私としてはまだ簡単には諦めない方が良いとおすすめしています。
今回は、廃車同然のバイクをどうやって処分するべきなのかご紹介します。

買い取りという選択肢

不要になったバイクを処分する方法としては、廃車以外にも買い取りをしてもらうという選択肢があります。
中古バイクを取り扱っている店舗では買い取りをしてもらえる可能性が高く、交渉の結果納得できる価格であれば買い取りしてもらった経験があるという方も多いはずです。

しかし、今回の場合は事故車や不動車で修理不可能のバイクを果たして買い取りしてもらえるのかという話になります。
もう修理できないということは、運転することもできないのでバイクとしての役割を全く果たせません。
全く商品価値がないように感じられますが、実は商品価値は残されているのです。
まだ使えるパーツを部品取りとして活用することもできるので、大事な資源として再利用することは十分可能です。

ただし、全ての中古バイクの取扱店で買い取りに応じてくれるわけではありません。
修理もできないようなバイクは買い取りできないと断られるケースもあります。
そこで、事故車でも不動車でも買い取りに応じてくれる専門的なサービスを活用することをおすすめします。

参考:http://www.bikeone.jp/jiko/top.php

このようなサービスでは、廃車にするしかないと考えていたようなバイクでも買い取りしてもらえる可能性があるため、簡単に廃車にするという道を選ぶのではなく、買い取りしてもらえる可能性を模索することをおすすめします。

廃車にする場合はお金が必要になりますが、買い取りに応じてもらえた場合にはわずかでもお金が手元に残ることになります。
見積もりに関しては無料で対応してもらうことができ、詳しい査定額も担当の方と打ち合わせを行うことができます。
もしも内容に不満を感じる場合にはキャンセルすることもできますし、万が一手数料が発生するような場合にはきちんと説明を受けることで安心して取引できます。

You may also like