高校生には安全教育が必要

三ない運動よりもやるべきこと

1970年代後半には高校生に対して三ない運動というものが起こりました。
これは「高校生はバイクの免許を取らない、バイクに乗らない、バイクを買わない」というものです。

しかし最近では三ない運動は正しいのかという意見が起こっています。
強制的にバイクに乗ることを禁止するよりもバイクに乗るための教育を行うことが大事という風潮が起こっているのです。

高校生への二輪車安全運転教育

高校生へ三ない運動を行って禁止をするよりも教育をするほうが大事と考えている自治体は増えています。
群馬県や静岡県ではすでに高校生に向けての安全教育が盛んです。

どうしても人は禁止されると乗りたいという気持ちが起こります。
隠れて乗って事故を起こすのではなく、ルールや技術を身に付けて正しく乗ることで安全運転ができるという発想に変わりつつあるのです。

高校生のバイク運転の状況

三ない運動はなくなりつつあるものの、全国の高校の半数は校則で原付免許の取得を禁止しています。
校則は守るべきものです。
そして校則を違反すると罰則が課せられ停学処分となることもあるため、進学への影響もあるので多くの人は違反しないようにしようと考えられます。

校則の影響もあり現在も原付免許を取得しない、取得すべきでないと考える高校生は多いです。
日本では原付の販売台数が減少しており自宅に原付がない人も増えています。
このような影響から三ない運動を停止しても高校生のバイク乗車率は増えていない状況です。

高校生は原付に乗るべきではないのか

高校の校則で免許取得や原付に乗ることが禁止されているのはなぜでしょう。
高校生が安全に運転できないからというのも一つの理由です。
無茶な運転をしたり安全確認を行ったり、場合によってはバイクの改造をしたりということをすることで危険と考えられることもあります。

しかしこの状況には交通ルールや安全運転のために必要なことをきちんと教育する機会が持てていないのも原因の一つです。
きちんと安全指導を行えば交通ルールを守って正しく原付に乗る高校生は増えると考えられます。

現在、国内の原付のニーズはどんどんと減少しておりバイクメーカーにとってもこれは思わしくない状況です。
状況を打破するためには新たなターゲットへの流通も検討する必要があります。
その一つが高校生の原付乗車です。

もちろんむやみやたらに原付に乗せるべきではありません。
きちんと安全指導を行ったうえで原付に乗れば事故の危険も回避できます。

また早いうちから社会の交通ルールを身につけることは自動車の普及率にも影響を与える可能性が高いです。
今の若い世代のバイク離れや自動車離れを解消するために高校生への安全指導や原付の普及は良い効果が期待できる方法の一つと考えられています。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です