マフラーの焼け取り方法

マフラーの焼けは取り除ける

マフラーやエキゾーストパイプはどうしても使っていくうちに焼けてしまいます。
焼けがあると見た目も悪くなりがちです。

マフラー周辺の焼けは焼け取り剤を使えば取り除けます。
ただし焼き取り剤は正しく使わないとすぐにまた焼け付くので気を付けましょう。

マフラーの焼け取りの方法

マフラーが焼けるのはどのようなバイクでも起こることです。
焼けが目立ってきたら焼け取り剤で取り除いていきます。

まずはウエスなどを使って汚れを落とすのですが、洗車ができる場合には洗車をして落とすようにしましょう。
焼けている場所がきれいになったら焼け取り剤をウエスに付けて磨いて焼けを取り除くだけです。

作業工程は全く難しくありません。
ただ磨いてきれいになるまでには結構時間がかかります。
手を滑らせてケガをすることもあるので気を付けて作業をしましょう。

焼け取り剤選びも大切

焼けを取るのはかなり磨かなければなりません。
磨く作業は意外と大変で思うように落とせないこともあります。
そこで焼けが落としやすい焼け取り剤を選ぶことがおすすめです。

中でも人気があるものに「ステンマジック」があります。
ステンマジックは30分ほどあれば焼けがきれいに落とせると人気です。

他にも「ステンレスエキパイ焼け取り剤」も人気があります。
焼け部分に焼け取り剤を塗って洗い流すだけで汚れが落ちるので手間もかかりません。

マフラー焼けを防ぐ方法

焼け取り剤を使って焼けを落としてもいつの間にかまた焼けができてしまうものです。
何度も焼け取り剤で作業するのは面倒ですから焼けができにくくする工夫をすることも検討してみましょう。

焼け取り剤で焼けを取り除いた後は焼け防止にコーティングをすることがおすすめです。
バイクのマフラー部分にコーティングをする際には耐性ワックスを使うと仕上がりがきれいになります。
シリコンやフッ素加工などの成分が配合されていることで光沢も持続しますし錆びにくいです。

耐熱ワックスであれば自分で作業をすることができます。
バイクショップに持ち込んでワックスを塗ってもらうより、自分でワックスを購入して作業するほうがリーズナブルです。

ただし耐熱ワックスで処理をする場合には先に洗車をして汚れを落としておかなければならないです。
さらに錆び取り剤や脱脂材でマフラーのコンディションを整えておく必要もあります。

耐熱ワックスでの作業に不安がある場合にはバイクショップに持っていき作業をしてもらうほうが安心です。
自分でできるようになりたいという場合には、バイクに詳しい人と一緒に作業をしたり事前にインターネット動画を見て作業手順を確認してから作業をするようにしましょう。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です