パンクの修理方法

タイヤに異変を感じたらパンクの確認を

バイクで走っていて突然走りに違和感をおぼえることがあります。
もしも異変を感じたら最初にタイヤのパンクを確認するようにしましょう。

バイクに乗っていれば誰もがパンクは経験することです。
正しく対処をしないと事故の原因にもなるので確認方法を覚えておくことはとても大切です。

タイヤがパンクする要因

タイヤがパンクする要因は2つあります。
まずはタイヤ自体の劣化です。
タイヤは長く乗っているとすり減ってしまいパンクすることがあります。

タイヤの劣化でのパンクは日頃から空気圧を確認してタイヤの状況を見ておけば防ぐことが可能です。
寒暖差のある地域や走行する頻度が少ない人は目に見えない場所でタイヤが劣化していえることもあるのでしっかりと点検をして、場合によってはきれいな状態でも交換をするようにしましょう。

もう一つの要因はタイヤにくぎなどのとがったものが刺さる場合です。
バイクで道を走っていると道路に異物があり踏んでしまうことがあります。
気を付けていてもいつの間にか踏んでしまうこともあるものです。

もしも異物を踏んだとしてもすぐにタイヤから完全に空気が抜けて走れなくなるわけではありません。
少しずつ空気が抜けて走りに異変が出てきます。

もしもタイヤの動きがいつもと違うとかんじたらすぐに停めて確認をするようにしましょう。
目に見えて異変が無いという場合には空気圧をチェックするとパンクしているかどうかわかります。

タイヤによってもパンクの症状は違う

タイヤは一般的にチューブレスタイヤとチューブタイヤのどちらかを装着しています。
チューブレスタイヤはパンクをしても一気に空気が抜けないです。
そのためパンクをしていてもある程度走らないと気付かないことがあります。

それに足してチューブタイヤはチューブレスタイヤよりはパンクに気付きやすいです。
パンクが起きて違和感が出てきたらすぐに走れない状態になることもあります。

タイヤがパンクしたときの対処法

もしもタイヤがパンクしたら焦らずにその場でベストな対応をすることが求められます。
パンクへの対処方法はパンクキットを使って修理するか、バイクショップに持っていき修理をしてもらうかのどちらかです。

パンクキットはホームセンターやバイクショップで販売されていて修理もさほど難しくありません。
一時的な修理にしかならないですがバイクショップに持ち込むまでの対処法としてとても便利です。

何かあった時のためにパンクキットはバイクに乗せておくようにしましょう。
パンクをしたらできるだけ早くバイクショップに持っていき修理をしてもらうことが望ましいです。
一般的なパンクなら修理代金も数千円しかかかりません。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です