タイヤの適切な空気圧と調整方法について

意外と忘れがちな空気圧の点検

バイクのメンテナンスにはいろいろなものがあります。
きちんとメンテナンスを行うことは安全な状態でバイクを運転するためにとても大切です。

メンテナンスのおかげでバイクが長持ちする効果もあります。
多くの人はメンテナンスというとエンジン周りに目が行きがちです。
しかし忘れてはいけないメンテナンスに空気圧があります。

タイヤの空気圧が足りないとグリップ力が下がってしまい燃費が悪化する原因です。
走行にも支障をきたすことがあります。
定期的に空気圧は確認するようにしましょう。

適正な空気圧はどのくらいなのか

バイクや車のタイヤにはメーカーの定める指定空気圧というものがあります。
これは車種によって違うものです。
車種によって適している空気圧は違ってきます。

一般的に空気圧は1.5㎏~3㎏/㎠が適正です。
指定空気圧に合わせるとバイクにとって最も良いコンディションで走ることができます。

指定空気圧はバイクのフレームやスイングアーム、チェーンガードといった場所に書かれていることが多いです。
もしもラベルが見えない状態になっている場合にはインターネットで調べれば指定空気圧を知ることができます。

空気圧が下がる原因

タイヤはゴムでできています。
ゴムは空気を通さないイメージがありますが、分子レベルではタイヤのゴムを空気が抜けてしまうのです。
そのためパンクをしたり異物を踏んだりしなくてもいつの間にか自然と空気は抜けてしまいます。

この現象は自然空気漏れというものです。
一か月あたり自然空気漏れはタイヤの5%ほどといわれています。
何もトラブルがなかったとしても、数か月たつと結構な量の空気が抜けることになるのです。

空気圧の調整方法

タイヤの空気を入れるのは店舗にあるコンプレッサーを使う方法と自宅で空気入れを使って入れる方法があります。
ガソリンスタンドやバイクショップはコンプレッサーを備え付けていることが多いです。
コンプレッサーはトリガーを引くだけで簡単に空気が入れられるので、メンテナンスの知識があまりない人でも簡単に空気が入れられます。

コンプレッサーには空気入れ用のエアゲージがあり、メーターを確認しながら空気圧を入れれば指定空気圧にすることは簡単です。
万が一空気を入れすぎてもリリースボタンを押せば空気が抜けるので適正な空気圧に戻せます。

自宅で空気入れを使う場合には自転車用のものでも可能です。
ガソリンスタンドに行くのが面倒な人や近くにコンプレッサーを設置しているお店がない人は手動で空気を入れてみましょう。

自分で空気入れを使って空気を入れる場合にはエアゲージが無いため適正量がわかりにくいです。
そこでエアゲージだけは購入しておくようにしましょう。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です