スマホのながら運転について

スマホのながら運転は危険

自動車でもバイクでもスマホのながら運転はとても危険です。
目線を周囲からスマホに一瞬でも離すことで事故を起こす危険もあります。

運転中にスマホは極力見ないようにすることが望ましいです。
特にバイクはスマホの操作をするとなるとハンドルから片手を離すことが必要となり、運転が乱れる危険もあります。

ながら運転の罰則厳罰化

2019年12月からスマホのながら運転は罰則が強化されています。
車の運転のことだと思われがちですがバイクでも同じです。
バイクを運転している際にスマホのながら運転をしていても検挙されることはあります。

これまでもスマホのながら運転は交通違反でした。
罰則が強化されたことで、運転中にスマホをいじっていた場合の減点は1点から3点に増えています。
反則金も二輪は6000円から18000円になり、罰則は3倍になっている状況です。

万が一スマホを触っていて交通に危険が生じたとされると6点現手されるためすぐに免停になります。
反則金も扱いが変わり刑事罰が適用されるので、スマホを触っていることはかなり重たい罰則となったのです。

バイク運転中にながら運転となるケース

バイクを雲梯しているときにはスマホのながら運転で減点されることはないと思ってしまう人もいます。
しかしそのようなことはないです。

中にはバイクの速度を落としてスマホを操作しながら走るということをしている人もいます。
特にスマホゲームが流行った時期には多かったです。

気を付けなければならないのがスマホを触っていなくてもながら運転をみなされるケースがあることです。
スマホホルダーやバイクナビを付けていると運転中にスマホを見ることができます。
これもながら運転とされることがあるのです。

スマホホルダーやバイクナビを取り付けることは違反行為ではありません。
あくまでも注視の問題です。

注視というのはじっと見ることや運転よりもスマホに気が向いていることを意味します。
スマホでナビを見ている場合や気になる連絡が来た場合、どうしてもバイクよりもスマホに気が向いてしまうものです。

このバイクが動いている状態でスマホに気が向くことは注視となり違反とされる可能性があります。
注視というのは明確にスマホに目を向けている秒数や状況のルールがないため、中止とみなすかどうかは現場にいる警察官の判断次第です。
そのため自分としては全く問題無いと思っていたり周囲に迷惑をかけていないと思っていたりしても、注視とみなされて罰則を取られることもあります。

一般的にはヘルメットごとスマホを向いている状態はどこをむいているかわかりにくいため、検挙されると考えられることが多いです。
バイクの運転中にスマホを一瞬でも見るとヘルメットはスマホのほうに向いてしまいます。
そこで極力スマホはスマホホルダーに置かずポケットの中やカバンの中に入れておくことが望ましい状況です。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です