イヤホンをしながら運転していいのか

イヤホンを付けて運転をしてもいいのか

バイクを運転する中では教習所では習わないルールもいくつかあります。
その中の一つがイヤホンです。

バイクを運転しているときも好きな音楽を聴いて走りたいと思うことはあります。
イヤホンを付けて運転することは違反行為なのでしょうか。

イヤホンを付けて運転すると違反になる場合

バイクを運転している際にイヤホンを使うのは使い方によって扱いが違います。
元々運転中にイヤホンをすること自体は道交法違反ではありません。
しかし地域の条例によって扱いが違うのです。

例えば東京都の場合にはイヤホンを使用して音楽やラジオを聞くこと自体は問題ではありません。
安全運転のために必要な周囲の音が聞き取れる状態で運転できていない場合が違反対象です。
そのため周囲の音が聞こえるような小さい音で聞いていれば特に問題になることはありません。

これは神奈川県も同様です。
安全運転に支障をきたさない範囲でのイヤホン使用は良し、とされています。

神奈川県警察では以前は走行中のイヤホン使用は原則禁止、安全運転に必要な音や声が聞こえるように片耳イヤホンなどの状態は違反にならないという記載でした。
この記載によって神奈川県は片耳イヤホンが違反ではないという誤解が起きてしまったのです。

片耳イヤホンでも大音量で聞いていると周囲の音が聞こえないこともあります。
そこで神奈川県警は片耳でも両耳でも大きな音でイヤホンを聞くのは事故の危険性があるという認識です。
たまに神奈川県は片耳イヤホンであれば大音量で音を流していてもいいと勘違いしている人がいますが気を付けましょう。

基本的にはイヤホンは避けよう

最近ではイヤホンの性能はとても上がっています。
そのため音が小さくても気密性の高さから音がとてもクリアに聞こえ、その分周囲の音は聞こえにくいです。

音が聞こえないのは運転に必要な五感の一つを使えなくしてしまいます。
そのため事故やトラブルを未然に防ぐための音に気付けない可能性が高く危険です。

バイクを運転している際に好きな音楽を聴いて走るのは気持ちがいいことですし憧れることもあります。
しかし好きな音楽を聴いて気持ちが良くなってくると周囲に目がいかなくなりがちです。
事故を起こす可能性もあるのであまり良いこととは言えません。

しっかりとバイクに乗っている間は目で周囲を見ていると言っても、運転中は音によっても状況判断はしています。
イヤホンをすることは音を遮ることになるため安全運転のためにベストな状況とは言えません。

万が一事故になってから後悔をしても遅いです。
事故を起こす可能性のあるものは極力排除して、安全に走れる状況でバイクに乗ることを心がけましょう。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です