走行中にあおられてしまったら

近頃よく聞くあおり運転

最近ニュースを見ていると、「あおり運転」による事故について目にすることが増えたように感じます。
その多くは車対車のようですが、車がバイクをあおる、バイクが車をあおるということもあるようです。
実際にバイクで走行中にあおられて、命を落としてしまったという事故もあります。
事故には至らなかったというケースがあるにしても、重大な事故に繋がる可能性がある危険な行為です。

バイクでの走行を楽しみたいだけで、誰だってそんなことには巻き込まれたくないはずです。
あおり運転に巻き込まれないために、また巻き込まないためには正しい対応が必要になります。
正しい対処、冷静な判断、巻き込まれてしまった後ですと難しいかもしれませんが、事故を防ぐために必要なことです。
正しい知識を持って、大人の対応で乗り切ることをおすすめします。

あおられても相手にしない

バイクで走行中、あおられていると感じても基本的には相手にしないことです。
挑発にのってやる必要は全くありません。
相手側に失礼なことをした覚えがないのにあおられると、とても嫌な気持ちになります。
苛立ってやり返してしまおうかという気持ちにもなるかもしれません。
しかし、それでは良いことは何もないのです。

残念なことではありますが、世の中には話が通じない人、他人を傷つけることに罪悪感を感じない人もいます。
挑発にのってしまえば自分が傷つく可能性があるので、自分の身を守るためにも相手にしないようにすることです。

あおられた時の対処法

複数車線の道路であおられた場合には、左車線に入って道を譲るのが正解です。
片側一車線の道路であれば、左ウインカーを出して停車します。
身勝手な相手のために道を譲るというのは釈然としないかもしれません。
しかし、しばらくあおられ続けて嫌な気持ちが長くなるよりは、さっさと道を譲って楽になってしまった方がいいです。
「これはトラブル回避のための大人の対応なのだ」と割り切って、さっさと切り抜けてしまいましょう。

ちなみに混雑する道であおられた場合ですが、すり抜け運転を上手に活用することをおすすめします。
すり抜け運転というと事故を誘発する危険なものという印象がありますが、あおられ続けている方がよっぽど危険ですので、ここは割り切っていった方がいいです。
周囲に十分気をつけながら、あおってくる相手から距離を取ります。

あおられないためには

とりあえず車間距離を適切に取ることです。
安全な走行のために車間距離は大切なものですが、あまり離れすぎていてもあおられやすくなるようです。
ですので、ほどよい距離を意識して走行します。

あとは左折時以外に左側を走りすぎない方がいいです。
左に寄りすぎていると、後続車が抜いていいのかいけないのかわからずに苛立つことがあるようなので、なるべく中央を走ることでその苛立ちをなくせます。
また車体の大きいバイク・速そうに見えるバイクはあおられにくい傾向にあるようです。
あおり運転をする人はあおりやすい人を選んでいますので、見た目を変えるのもあおり回避につながるかもしれません。

You may also like