車載カメラを設置してみよう

車載カメラはどこに付けられる

バイクに車載カメラを搭載すると様々な撮影が可能です。
工夫次第で車載カメラは様々な場所に取り付けることができます。

サイドカウルは低い位置からの撮影ができるので迫力と疾走感のある映像でとてもかっこいいです。
他にもスイングアームは後方視点での撮影ができます。
フロントフェンダー、アンダーカウルも低い位置からの撮影が可能です。

自分も入るように撮影したい場合にはリアシートに取り付ける方法もあります。
カメラを反対にすれば高い位置からの撮影も可能です。

映像にバイクを入れないスタイルにしたい場合にはフロントカウルに設置します。
バイクが入らないので景色がいい場所での撮影におすすめです。

ハンドル回りに設置すると適度にガソリンタンクやメーターといったバイクのパーツが入り込みます。
走行シーンの撮影らしい映像になり構図のバランスも良いです。
ただしハンドルのブレが出やすいのでエンジンの振動が多いバイクには適していません。

バイクに車載カメラを取り付ける方法

バイクに車載カメラを取り付けるにはベースマウントを使うのが一般的です。
ベースマウントは両面テープで取り付けます。
そのため取り付けの自由度は高いです。

バイクには平面が少なく曲面に取り付ける場合もあります。
曲面に取り付ける場合には曲面用のベースマウントを使うようにしましょう。

ベースマウント以外の方法はサクションカップやポールマウントがあります。
サクションカップは吸盤式で平面の取り付けがおすすめです。

ハンドルバーなど棒状のものにはポールマウントが適しています。
取り付ける場所によって合う方法は違うので取り付け場所に応じてマウントを選ぶようにしましょう。

バイクに車載カメラを取り付ける際の注意点

基本的には車載カメラは両面テープで止められます。
しかしエンジンの振動を受けやすい場所など外れやすい場所もあるので、できるだけ頑丈な方法で取り付けることが望ましいです。

エンジンの振動を受けるとせっかくの映像がブレてしまうこともあります。
バンドで締めたりボルトで固定したりするタイプのほうが外れにくいですし、映像もブレにくいです。

両面テープで接着する際には油分があると接着力が落ちてしまいます。
そこで取り付ける前に接着面の脱脂をしておくことが大切です。
パーツクリーナーを使って拭きあげておきましょう。

取り付けたら本格的な走行をする前に一度試運転をしてみることが望ましいです。
試運転をして映像を確認して、ブレていないか、構図はおかしくないかということを確認しておくと理想通りの映像が撮影できます。
撮影後気になる点があれば微調整をしたり別の場所に取り付けなおしたりしておきましょう。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です