バイク用ETCを取り付ける

バイク用ETCは必要か

高速道路を走る際にはETCを装着すると料金所を通過するのがスムーズです。
特にバイクは厚手のグローブを装着しています。
そのため高速道路の料金所を通過するときに小銭を出すのが大変です。

ETCを取り付けとけば小銭を取り出すことなく料金所を通過することができます。
それ以外にもバイクにとってはETCを取り付けることはメリットが多いです。

バイクでETCを取り付けるメリット

ETCを取り付けるメリットとしてあるのが割引です。
高速道路各社はETC利用者に対してETC割引の制度を設けています。
時間や曜日によって違いがありますが最大で30%割引になるのでかなりお得です。

次にスマートインターチェンジが使えます。
スマートインターチェンジというのはサービスエリアやパーキングエリアから乗り降りができるインターチェンジです。
スマートインターチェンジはETCがないと利用できません。

バイクのツーリングでは集合や解散にサービスエリアを良く利用します。
スマートインターチェンジが利用できると集合や解散の際の移動がしやすいです。

バイクに取り付けるのにおすすめのETC

これからバイクにETCを取り付ける際はETC2.0がおすすめです。
高速道路の利用料金を自動でやり取りするだけでなく、広範囲で交通規制や渋滞、前方の渋滞状況といったものを知らせてくれます。

現状は従来のETCでも特に使用に問題はありません。
しかし今後は置き換えが進んでいくこと、お得な料金体系があることを考えると今のうちからETC2.0を搭載しておくほうが便利です。

バイク用ETCの選び方

バイク用ETCには一体型と分離型があります。
乗っているバイクによってどちらが合っているか考えて購入することが必要です。

一体型はETCカードを差し込む本体と通信用のアンテナなどのETCに必要な部品がすべて一体となっています。
分離型よりも安い点、カードの抜き差しが簡単という点がメリットです。

インジケーターやアンテナも一体となっているため取り付けはフロント部分にしなければなりません。
ハンドルに装着することが一般的なのでハンドル部分のスペースは狭くなってしまいます。
フロント部分に設置するのでカードの抜き取り対策としてバイクを離れる際にはカードを抜き取っておくことも面倒です。

シートの下に車載器を設置できない場合には一体型を取り付けることになります。
バイクの形によっては一体型しか取り付けられません。

分離型は車載器とアンテナ、インジケーターがそれぞれ分離しています。
分けて設置をすることができるので接地の自由度は高いです。
車載器をシートの下に設置できるのでバイク回りもすっきりします。

車載器をバイク下に設置できるので盗難対策や雨風対策にも効果的です。
しかしデメリットとしては高額であること、バイクの形によっては取り付けられないことが挙げられます。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です