バイク用ドライブレコーダーを設置する

バイクにもドライブレコーダーを

バイクは気軽に出かけるのに最適な乗り物です。
出かけた際に風を受けて走るのは爽快で気持ちがいいですし、買い物や通勤通学の足としても役立ちます。

バイクは手軽に乗れる半面注意が必要です。
自動車のように体を守る覆いがないので事故に遭えば大きなけがをする可能性もあります。

トラブルが起きた際に役立つのがドライブレコーダーです。
事故の時の様子を記録しておけば証拠となり自分の身を守ることができます。

あおり運転の対策にもなる

車にドライブレコーダーを付ける人が増えていますがバイクはまだまだドライブレコーダーを付ける文化が浸透していません。
しかし事故の際のダメージは自動車よりもバイクのほうが大きいです。

そして最近ではバイクに対してあおり運転や幅寄せなど危険な運転をしてくる自動車も増えています。
あおられるだけでなく事故に巻き込まれたときにもドライブレコーダーの記録が残ることはとても心強いです。

人勧センサータイプのものであればバイクが停車中も人が近づいてきたら録画をしてくれます。
そのため盗難やいたずら対策としても効果的です。

思い出作りにも役立つ

バイク用のドライブレコーダーは防犯や事故対策になるだけではありません。
他にもツーリングでの思い出を残すことにも役立ちます。

最近のカメラは画質も良く撮影した映像はかなり鮮明です。
そのため走っている場所の景色を美しく残しておくことができます。
Wi-Fiを搭載しているものであれば出先でも映像をスマホやタブレットで確認できて便利です。

バイク用ドライブレコーダーの選び方

バイク用ドライブレコーダーを選ぶ際には、機能性を確認することから始めます。
必ず必要なのが防水・防塵性能です。

バイクは自動車と違い雨や風の影響を直に受けるので、雨が降るとドライブレコーダーは濡れてしまいます。
そのため防水性能がついていることは必須です。

防水や防塵機能の性能を調べるにはIPコードを確認します。
IPコードは防水がレベル8、防塵がレベル6が最高です。
バイクに装着する際にはIPが5以上のものを選ぶようにしましょう。

録画の方法はループ録画機能があるものを選びます。
ループ録画というのは容量がいっぱいになったら古いデータに上書きをしてくれる機能です。
ループ機能がないと容量がない場面で撮影したいものがあっても記録が残らないので気を付けましょう。

バイク用のドライブレコーダーは一体型と分離型があります。
一体型は本体とカメラが一体になっているアクションカメラのようなタイプです。
取り扱いが簡単でヘルメットなどに取り付けて使うこともできます。

それに対して分離型は本体とカメラが分離していて基本的にはバイクから給電するタイプです。
取り外しはできないもののカメラだけを好きなところにつけることができるので迫力のある映像を撮影することもできます。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です